NEWS
BLOG
2017.9.19

「Ruby Kaigi」 のスポンサーになったなら・・・ 個性溢れるブースアイディア5選

心配された台風も、夜の間に抜け去ったようで、当日は雨も上がり、新幹線も定刻通り出発しました。
9/18(月)〜20(水)の3日間、広島で開催された「Ruby Kaigi 2017」に参加してきました。
WOVN.ioも今年初となる「ゴールドスポンサー」としての参戦です。

初参加ということで学びも多く、他スポンサーさんのアイディアには目から鱗!
「なるほどな」と思ったブースを5つ、ご紹介します。

 

<注意>
Ruby Kaigiといいながら、こちらのレポートは技術的な話は一切出てきません、あしからず。
後日、エンジニアから参加レポートがあがりますので、そこでは詳しく技術の話をしたいと思います。

 

そもそも・・・Ruby Kaigi (ルビーカイギ)とは?

プログラミング言語Rubyを愛する人たちが集うお祭りです。
3日間にわたり、日本語・英語様々なセッションが用意されており、約900名が参加します。
去年は京都、今年は広島にて開催。

 

更にそもそも・・・Rubyとは?

「プログラミング」と一口で言っても、メジャーなものであっても数種類、マイナーなものも含めると世の中には数百種類のプログラミング言語が存在します。そのうちの1つがRuby(ルビー)です。
Rubyの作者はまつもと ゆきひろ氏で、日本で開発されたプログラミング言語としては初めて国際電気標準会議で国際規格に認証されました。made in Japan で世界中から愛されているプログラミング言語になります。

 

WOVN.ioもRubyでできている。

WOVN.ioはRubyで開発されており、その開発スピードに魅力を感じています。
そしてRuby kaigi はRuby好きな開発者が心待ちにしている、1年に1度のお祭りです。
参加したい!という念願叶ってのスポンサーでした。

 

 

広島駅に着いて向かう先は「広島国際会議場」。
こちらが今回のスポンサー一覧です。
ロゴの大きさによってスポンサープランが異なります。

 

では、ここから各スポンサー企業さんの、「なるほどポイント」をご紹介します!
① Speee さん
② cook pad さん
③ PIXTA さん
④ Misoca さん
⑤ SmartHR さん

 

① 美味しいコーヒーの匂いに誘われて・・・ Speee さん

コーヒーのいい匂いが・・と思ったら、なんとその場でハンドドリップしてくれるという!
朝から夕方まで続く公演に参加するエンジニアさん達の「ブレイク欲求」を見事に射止めておりました。
コーヒーのお供にオリジナルクッキーと、持ち帰り用のドリップコーヒーには謎のコードが書かれており、実行すると何かが起こるとか・・!

②さすが食のサービス・・・ cook padさん

こちらはアンケートに答えるとオリジナルタンブラーがもらえます。
採用ムービーも流されていて、社内で働く人の様子がよくわかります。
日本で働きたい海外の人もブースにいらっしゃるとか!

 

③今年は人事も参戦・・・ PIXTAさん

去年はエンジニアさん総動員で参加したが準備不足だったというPIXTAさん。
今年はその反省も活かし大きく目立つバックパネルやアイテムも拡充!
配っている水にはQRコードが付いていて、こちらから社員とのランチに応募できるとのこと!

 

④ノベルティが逸品・・・ Misoca さん

エンジニアの9割はこのRuby Kaigiにきて勉強しているというMisocaさん。
代表もRubyの勉強会を行ったり、Rubybizでは昨年優勝しているほどRuby愛に溢れた会社さんです。
中でもエンジニアの要望で作ったというキートップは、デザイン投票にて「寿司の絵文字」に!
見事に来場者のハートを鷲掴みでした。

⑤事前に現地調査?!・・・SmartHR さん

RubyKaigiは3日間にわたって開催されるため、遠くから参加している人はもちろん泊りがけです。
「広島での夜ご飯どうしよう」というニーズに応えるべく、なんとオリジナルの広島グルメマップを配布!
開催前に社長とエンジニアと3名で広島に入り、実際お店を食べ歩いたというから驚きです!

 

 

WOVN.ioブースでも、開発の詳しい質問に関してはエンジニアが、海外の方にはフランス人・ベトナム人エンジニアが対応させていただきました。WOVN.ioは「開発者の多言語対応にかかる工数を削減したい」という想いから生まれたプロダクトです。たくさんの開発者の方とお話できて嬉しい限りでした!

 

<おまけ>

そしてRuby Kaigiのノベルティをたっぷりいただきました。ありがとうございます。